コンシェリアの立地

コンシェリアのある街・浜松町

「浜松町を知る」

浜松町、大門の歴史

かつて海岸であった浜松町は、慶長8年(1603年)頃から埋め立てられ、そこに徳川将軍家との深いゆかりを持つ増上寺の関係者が移り住むようになり町が形成されていった。その頃は、増上寺の代官“奥住久右衛門”が名主を兼ねていたため、「久右衛門町」と呼ばれていたが、元禄9年(1696年)に静岡県浜松出身の“権兵衛”が名主となってから「浜松町」と名のるようになる。昭和22年(1947年)、港区に所属し「芝浜松町」となり、昭和47年(1972年)に「芝」の冠称が削除され、現在の「浜松町」となる。また、増上寺から浜松町駅に向かって歩くと見えてくる大きな門は増上寺の総門・表門にあたり、これが「大門」の地名の由来となっている。

今も東京に残る江戸初期の大名庭園

浜松町駅から徒歩1分、大門駅から徒歩3分とビジネス街の印象が強い街の中に、今なお東京に残る江戸最古の大名庭園「旧芝離宮恩賜庭園」がある。回遊式泉水庭園の特徴をよくあらわし、池を中心とした地割りと石割は江戸の造園技術を垣間見ることができる優れた庭園で、昭和54年には文化財保護法による国の「名勝」に指定されている。

浜松町の現在

大きくそびえ立つ浜松町のシンボルでもある「世界貿易センタービルディング」は、JR(山手線/京浜東北線)浜松町駅・東京モノレール浜松町駅、都営地下鉄(浅草線/大江戸線)大門駅と直結している。ここから、東京の玄関とも言える「東京駅」まではJRで約6分、「羽田空港」までは東京モノレールで約16分、都内への移動はJR、都営地下鉄の2路線が利用できる。オフィス街である浜松町だけに国内のみならず海外へのアクセスにおいても、利便性の高さは群を抜いていると言えるだろう。

「浜松町の街並み」

現在、東京都が行う「都市再生ステップアップ・プロジェクト」の一つとして浜松町駅の西側の世界貿易センタービルディングの建て替えが行われている。さらに複合ビル5棟を建設し浜松町の再開発が行われる。この複合ビルにはオフィスを中心にカンファレンス施設、コンベンションホール、医療センターなどが入る予定。この複合ビルの39階からは浜離宮や東京湾を一望できる交流ラウンジが設けられる。さらに浜松町駅東側、海側である竹芝地区開発に伴い、浜松町駅・竹芝駅・竹芝ふ頭をつなぐ歩行者デッキの整備が計画がされている。海側の開発が進めば、街全体のイメージの底上げにつながる。
また、浜松町二丁目に整備されることになったのが「港区の文化芸術ホール(仮称)」だ。田町駅北口に整備計画があったが、立地環境などの観点から浜松町に整備されることになった経緯がある。600席程度の規模をもつ多機能・高機能ホールなどを備えた芸術ホールが誕生する。
今後もますます期待される浜松町のエリアだが、さらに新しい魅力を生み出していくことだろう。

「浜松町の将来像と不動産投資との関係」

浜松町の未来

訪日外国人旅行者2000万人から2020年には4000万人となると想定されおり、国土交通省によると今後、東京オリンピック・パラリンピックに向けて羽田空港の機能強化の検討がされている。ビジネスエリアであると同時に他の都心ビジネスエリアへのハブである浜松町は最大のアクセスポイントとして今後も利用されていくことだろう。

今後、少子高齢化の加速に伴い人口減少が懸念されているだけに、不動産は将来を見据えた立地選びがさらに重要になる。抜群のアクセスの良さを誇る浜松町はすでに人気エリアであるが、2020年以降に完成する再開発が複数控えており、更なる進化を遂げる浜松町はあらためて評価されるに違いない。誰もが、不動産投資物件を持てたらと思う街だ。

コンシェリア 浜松町 <TOKYO PREMIUM>

コンシェリア 浜松町 <TOKYO PREMIUM>

住所
港区浜松町
最寄駅
浜松町駅
間取り
1K~1LDK

PAGE TOPPAGE TOP