物件情報

ご購入までの流れ

物件の選定から登記手続きまで、購入計画が立てやすくなるようにステップを追ってご説明します。

STEP1:マンションの選定

  1. 各物件につきまして、営業担当が詳しくご説明・ご相談させて頂きます。
  2. お支払い内容の打ち合わせを致します。

STEP2:ご契約

  1. 手付金、印紙代、印鑑(認印で可)、前年の収入証明をご用意して頂きます。
  2. 宅地建物取引士立会いのもと、重要事項の説明、売買契約の締結後、手付金の授受を致します。

STEP3:ローンのお申込み

  1. 提携・紹介ローンをご利用のお客様は、ローンの申込書を記入して頂きます。
  2. ローンの申し込み時に必要な書類を提出して頂きます。

必要な書類

STEP4:ローン融資の内定・お引渡し日の決定

金融機関または営業担当からお客様への内定のご連絡を致します。お引渡し日時の打ち合わせをさせて頂きます。

STEP5:金融機関面談・ローン契約締結・登記書類への署名捺印

ローン内定後、金融機関との面談とローン契約(金銭消費貸借契約)を行って頂きます。
また、登記に関する書類にご署名・ご捺印して頂きます。

STEP6:残金・諸費用のお預かり

残金、諸費用を当社指定口座へお振込み頂きます。
なお、諸費用のご請求額は概算ですので、余剰金がある場合は、お客様指定の口座へご返金、不足金が出た場合は、後日精算させて頂きます。

諸費用の内訳

STEP7:お引渡し

この日よりマンション経営がスタートとなります。
また実際にお住まいになる方もご入居が可能となります。

STEP8:登記識別情報通知書

登記の手続きが完了し、諸費用の精算が完了しましたら登記識別情報通知書をご送付します。

提携ローン必要書類

利用者の区分 必要書類 必要部数 発行元
A.給与所得者 1.印鑑証明(3ヶ月以内のもの)
  • ※共有者・連帯保証人がいる場合、 その方の分も必要
3通
※2通
各市区町村
2.住民票
  • ※世帯全員の氏名・続柄記載のもの
3通 各市区町村
3.源泉徴収票
  • ※直近2年分
各1通 勤務先
4.課税証明書、もしくは所得証明書
  • ※直近2年
  • ※課税証明書の場合は、所得金額記載のもの
各1通 各市区町村
5.ローンの償還表(コピー)
  • ※当初の借り入れ金額と現在の残債、月々の返済額、ボーナス返済額のわかるもの。繰上返済をしている場合はその時の計算書
  • ※現在残債があるもの全て
各1通 各金融機関
B.確定申告者 1.印鑑証明(3ヶ月以内のもの)
  • ※共有者・連帯保証人がいる場合、その方の分も必要
3通
※2通
各市区町村
2.住民票
  • ※世帯全員の氏名・続柄記載のもの
3通 各金融機関
3.源泉徴収票
  • ※直近2年分
各1通 勤務先
4.納税証明書
  • ※直近の2年分、その1、その2
    (所得額用・納税額用)
各1通 税務署
5.ローンの償還表(コピー)
  • ※当初の借り入れ金額と現在の残債、月々の返済額、ボーナス返済額のわかるもの。
    繰上返済をしている場合はその時の計算書
  • ※現在残債があるもの全て
各1通 各金融機関
6.確定申告書の写し(コピー)
  • ※直近の2年分
  • ※収支内訳書付の場合はそのコピー(不動産、雑所得、事業所得等)
  • ※青色申告の方は決算書付
各1通  
C.会社役員の方 上記AまたはBに加え、決算内訳書一式
3期分
各1通  

※金融機関によっては上記以外の書類が必要になる場合もございますので、ご了承下さい。

諸費用の内訳

  • 登記費用〔所有権保存・抵当権設定(ローン利用の場合)〕
  • ローン事務手数料(ローン利用の場合)
  • 表題登記料
  • 修繕積立基金・管理基金
  • 固定資産税・都市計画税

 

PAGE TOPPAGE TOP